FREE CALL 0800-1234-151
営業時間 AM10:00-PM7:00
チャットで質問
FREE CALL 0800-1234-151
チャットで質問
営業時間 AM10:00-PM7:00
ホーム > ブログ > 【三脚解説シリーズ Vol.4】グランドスプレッダーモデルとミッドスプレッダーモデルの違いは?

【三脚解説シリーズ Vol.4】グランドスプレッダーモデルとミッドスプレッダーモデルの違いは?


いつもパンダスタジオレンタルをご利用いただき、ありがとうございます。自称「三脚ソムリエ」のスタッフ櫻井です。

最近はビデオカメラだけでなく、キヤノンEOSシリーズをはじめとする一眼レフカメラや、SONY αシリーズコンパクトシネマカメラFX3FX6PanasonicルミックスGシリーズといったミラーレスデジカメ等でも動画撮影される方が増えてきております。

ただ、デジタルカメラの仕様は良く分かっていても、三脚に気を使う方はそれほど多くないのではないでしょうか。

カメラが高性能化していく中で、三脚をしっかりしたものを使わないと、せっかくの画がガクガクになって台無しになってしまいます。4K, 8Kの撮影を行うのであれば、カメラを支える三脚の特性もしっかり理解する必要があると思います。

三脚解説シリーズとして、第一回は「動画用三脚と写真用三脚の違いに関して」、第二回は「動画用三脚の仕様の見方」、第三回は「動画用三脚のエントリーモデルの比較について」説明いたしました。

そこで、第四回目となる今回は、動画用三脚でよくある質問の「グランドスプレッダー」モデルと「ミッドスプレッダー」モデルでは何が違うのか、概要をご説明をいたします。

スプレッダーとは?

そもそも「スプレッダー」とは、動画用三脚の脚を止めるパーツのことで、これがないと、三脚の開脚部分が固定できませんので、動画用三脚には必ず付属しております。ちなみに写真用三脚にはこの機構がありません。スプレッダーの位置が脚の真ん中にあるものが「ミッドスプレッダー」モデルで、地面に接しているものが「グランドスプレッダー」モデルとなります。それぞれの特性は以下のとおりです。

グランドスプレッダーモデルの特性

脚の接地面が三脚+スプレッダーとなり多くなる事や、三脚の根元部分に設置されるので、ミッドスプレッダーモデルと比べて三脚自体の安定性が高いです。一方で、脚自体の高さ3本とも揃える必要がありますので、段差のある階段やホールの席をまたぐ必要があるような不整地での撮影では使用はできません。ある程度の平面が取れた道路や、水平が取れているスタジオ等での撮影に適しています。シビアなカメラワークが要求される現場では、安定性の高いグランドスプレッダーモデルが好まれるケースが多いです。

ミッドスプレッダーモデルの特性

搭載箇所が三脚の中央付近なので、安定性はグランドスプレッダーに劣りますが、脚の長さをそれぞれ調整できますので、山や階段などの不整地の現場においても利用できます。アウトドアからインドアまで、どこでも場所を選ばず撮影が可能です。また、スプレッダー自体が小型なので、グランドスプレッダーモデルよりも重量が軽くなることもメリットとしてあげられれます。

結局、どちらのモデルを選ぶべきか?

ミドルクラス以上の動画用三脚は、たいてい「グランドスプレッダー」、「ミッドスプレッダー」の両方のモデルがあり、どちらを購入してもスプレッダーは後付けで交換できるようになっています。また、販売価格に関しても、ほとんど同じだと思います。どちらのモデルを購入するか迷われるかもしれませんが、まずは自分の撮影する現場を想定してみて選択していただき、必要に応じてスプレッダーのみ買い足していただければ問題ございません。

一方で、比較的安価なエントリーモデルの動画用三脚に関しては、ほぼ「ミッドスプレッダー」モデルのみの設定となっております。これは、搭載するカメラ自体の重量がそこまで重く想定されていないので、シビアな安定性を求める必要がない事、ミッドスプレッダーの利点である重量が軽く仕上げられる事、不整地でも撮影場所を選ばず利用できる事、そもそもスプレッダー交換する機構を作らない事で脚自体の機構がシンプルにできて、故障確率を減らしたり、コストダウンができる事が大きな理由となるでしょう。

購入の前に・・

パンダスタジオレンタルでは、さまざまな動画用三脚をレンタルラインナップに加えております。

購入すれば高価な動画用三脚も、レンタルすれば安価に済ますことが可能です。ぜひパンダスタジオレンタルで試用してみてはいかがでしょうか。また、使用して印象がよければ、購入も可能ですので、ご検討いただければと思います。

次回について

動画用一脚」についてブログで解説させていただく予定です。しばしお待ちくださいませ。

【バックナンバー】映像関連の解説シリーズ 

もっと映像関係の知識を知りたい!と思った方、パンダスタジオでは映像関係の解説シリーズをブログ形式で紹介しております。下記ブログへの訪問どうぞ!よろしければ高評価ボタンもお願いします!

今回のブログに関係する機材一覧

Libec RS-250Dグランドスプレッダーのレンタル

Libec リーベック RS-250DM ミッドスプレッダーのレンタル

SONY FX3(本体)(ハードケース付き)のレンタル

SONY FX6 ILME-FX6V(ハードケース付き)のレンタル

    お問い合わせフォーム

    PANDASTUDIOレンタルのご利用に関してのお問い合わせは以下フォームよりお問い合わせください。通話料無料のフリーコール 0800-1234-151 でも承ります。

    不要製品名 自動記入
    任意会社名
    必須お名前
    任意受注番号
    必須電話番号
    必須メールアドレス
    必須お問い合わせ内容

    個人情報の取扱い規約

    株式会社PANDASTUDIO.TV(以下「弊社」といいます)は、弊社が定めるプライバシーポリシーに従ってお客様の個人情報を取得及び管理いたします。 弊社のプライバシーポリシーにおいては、お客様の個人情報の取得にあたり利用目的を明示又は公表すること、並びに、利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報を取り扱うことを定めています。 弊社は、弊社のWebサイト上でのサービスお申込及び資料送付のお申込みの受付、各種イベントにおけるアンケートの実施、弊社のネットワーク関連製品またはサービスのご購入、並びに、お客様からの弊社へのお問い合わせ等を通してお客様の氏名、住所、メールアドレス、勤務先、役職等の個人情報を取得する場合があります。この場合に弊社は、お客様から取得した個人情報を以下の目的のために利用します。

    1. 弊社のレンタル関連及びサービスをより向上させ、かつ、お客様のご要望により応えられるものとするため
    2. 弊社のレンタル関連及びサービスに関する最新の情報をお客様にお伝えするため
    3. 弊社のレンタル関連またはサービスをご購入いただいたお客様に対するサービスを実施するため
    4. キャンペーンなど弊社及び弊社のビジネス・パートナーからのお客様にとって有益と弊社が考える情報を提供するため
    5. その他必要に応じてお客様にコンタクトするため
    6. 弊社のWebサイトをお客様のご利用に合わせてカスタマイズするため
    7. 弊社のレンタル関連製品及びサービスの利用状況及び利用環境を含む市場調査のため
    8. 上記に付随する業務

    <お問い合わせ先>

    会社名 : 株式会社PANDASTUDIO.TV

    住所 : 〒103-0007 東京都中央区日本橋2-62-6 日本橋浜町KビルB1F〜6F

    レンタル受渡場所 : 〒135-8071 東京都江東区千石1-5-4

    レンタル担当者 : 中村おりお

    電話番号 : 03-4405-9955

    電話番号 : 0800-1234-151(フリーコール)

    FAX番号 : 03-6684-4610

    Eメールアドレス :rental@pandastudio.tv

    個人情報の規約に同意される方は確認画面へをクリックした後に、送信ボタンをしてください。