FREE CALL 0800-1234-151
営業時間 AM10:00-PM7:00
チャットで質問
FREE CALL 0800-1234-151
チャットで質問
営業時間 AM10:00-PM7:00
ホーム > ブログ > 【三脚解説シリーズ Vol.2】動画用三脚の仕様の見方について

【三脚解説シリーズ Vol.2】動画用三脚の仕様の見方について


いつもパンダスタジオレンタルをご利用いただき、ありがとうございます。自称「三脚ソムリエ」のスタッフSです。

最近はビデオカメラだけでなく、キヤノンEOSシリーズをはじめとする一眼レフカメラや、SONY αシリーズコンパクトシネマカメラFX3FX6PanasonicルミックスGシリーズといったミラーレスデジカメ等でも動画撮影される方が増えてきておりますので、動画用三脚に関してもしっかり説明をしたく考えております。

前回は動画用三脚と写真用三脚の違いに関して概要を説明いたしました。

今回は動画用三脚の仕様の見方に関して説明させていただきます。メーカーとしては知っていて当たり前だとは思うのですが、実際に三脚メーカーのページで用語の解説はなかなか見ないので、あえてブログにしてみました。

例として、日本では老舗のメーカーであるLibec(リーベック)の三脚システム「NX-100C」を例に出したく思います。

NX-100Cのスペックは以下の通り。(メーカーページ参照)

Libec NX-100C グランドスプレッダー 仕様

耐荷重域 0 ~ 2.5kg(C.G.55mm)
最大搭載重量 4kg
カウンターバランス方式 段階式カウンターバランス
カウンターバランス切替 0+5段階
パンドラグ切替 0+3段階
ティルトドラグ切替 0+3段階
ドラグ機構 金属積層ユニット
ティルト角度 +90° / -70°
使用可能温度 -40°C ~ +60°C
水準器 LED照明付き
カメラプレート スライドプレート
Manfrotto / Sachtler互換
カメラプレート移動幅 +/-30mm
カメラ取付 1/4″ ネジ+ビデオボス
アクセサリーポート 1/4″ ネジ穴及び 3/8″ ネジ 穴各1個
予備ネジ 1/4″ ネジ及び 3/8″ ネジ 各1個
重量 4.1kg
高さ 53~168cm
ボール径 75mm
パイプ材質 カーボン
三脚段数 3段

それぞれの用語を説明します。

耐荷重域:0 ~ 2.5kg(C.G.55mm) 

重心高が55mmの時、0-2.5kgまでのカメラシステムを支えることができます。重心高が55mmという高さは一般的なミラーレスデジカメや一眼レフカメラの高さを想定しています。重心高が高くなれば、重心が高くなるので、載せられるカメラシステムの重量が少なくなります。

最大搭載重量:4kg 

数字の通りとなりますが、4㎏までのカメラシステムを搭載可能です。ただし、ここでの数字は、あくまで搭載できるという意味なので、4㎏のカメラシステムで、ズーム状態でヘッドを動かすようなシビアさが要求される撮影には向いておりません。あくまで耐荷重域の範囲内のカメラシステムで運用いただければ幸いです。

カウンターバランス方式:段階式 

動画用三脚のヘッドのカウンターバランスの表記は「段階式」「無段階式」「固定」の3つに分かれます。エントリーモデルは「固定」となり、カウンターバランスの変更はできません。「段階式」はモデルにより段数が多くなったり少なくなったりします。「無段階式」は指定された荷重範囲内であればパーフェクトにバランスが取れますが、段階式に比べると荷重範囲が狭いです。ただ、そのスムーズさは「段階式」をはるかに凌駕します。

カウンターバランス:カウンターバランス切替0+5段階

カウンダーバランスの段数が0~5段で取れるということです。多い方がカウンターバランスを取りやすいです。(そのぶん、高価になります。)高価なものだとこの段階数が10段以上になったりします。

パンドラグ切替:0+3段階

パン(横方向の動き)のトルク切り替えが0~3段で調整が可能です。数字が少ないほど粘りが少ないです。ズーム時は被写体を追うのが難しくなるので、トルクの段階を上げて粘りを強くして運用するケースが多いです。

ティルトドラグ切替:0+3段階

ティルト(縦方向の動き)のトルク切り替えが0~3段で調整が可能です。数字が少ないほど粘りが少ないです。ズーム時は被写体を追うのが難しくなるので、トルクの段階を上げて粘りを強くして運用するケースが多いです。

ドラグ機構:金属積層ユニット

主に樹脂ユニットと金属ユニットの2種類があります。樹脂ユニットは筐体を軽くできますが、耐久性、メンテナンス性が金属ユニットに劣ります。反対に、金属積層ユニットは重量が重くなりますが、耐久性、メンテナンス性がよくなり、ヘッドの動きもより安定いたします。Libecさんはこちらを採用しているようですね。

ティルト角度+90° / -70°

ビデオヘッドを前に倒した場合と、後ろに倒した場合の可動範囲になります。この表記だと、前に90度、後ろは70度まで可動します。

使用可能温度:-40°C ~ +60°C

数字の通りです。-40°C ~ +60°Cの範囲であれば可動保障があります。

水準器:LED照明付き

ホールなどの周り暗いところでは水準器が見にくいので、LEDが付いているとわかりやすいです。

カメラプレート:スライドプレートManfrotto / Sachtler互換

他社互換プレートですので、Manfrotto社 / Sachtler社のビデオ三脚にそのまま利用できます。また、電動ジンバル(TH-G3)や一脚システム(TH-M KIT)などにも使用可能です。スライドプレートの種類を意識せず付け替えが可能なのは、いろいろな種類のカメラサポート機材を所持している人にとっては大きなメリットになると思います。

カメラプレート移動幅+/-30mm

カメラプレートの移動幅が前30mm, 後ろ30mmで動くということです(トータル移動幅60mm)。この値が大きければ大きいほど、カメラの前後バランスが取りやすくなります。

カメラ取付:1/4″ ネジ+ビデオボス

カメラとプレートの取り付け方法になります。一般的なデジカメの底面は1/4インチですので、そのまま取り付けられます。ビデオボスというのは、ビデオカメラの底面に空いている回転防止の穴にささるピンとなります。Libecさんのビデオボスは押すとへこみます。ですので、ミラーレスカメラや一眼レフカメラにはビデオボス用の穴はございませんので、邪魔になりません。

アクセサリーポート:1/4″ ネジ穴及び 3/8″ネジ 穴各1個

本体側面にアクセサリーアーム等を取り付けられるようになっています。また、LibecのNXシリーズのアクセサリーポートの設置位置は、ティルトバランスに影響を及ぼさない絶妙な位置なので、外部モニターやLED照明などを追加しても、カメラバランスに影響なくご利用いただけます。

予備ネジ:1/4″ ネジ及び 3/8″ ネジ 各1個

スライドプレートをずらすと中に埋め込みねじが2本ついております。カメラとスライドプレートの固定が一か所では不安な場合は、こちらをご利用ください。2か所で固定すると大幅に固定力を増加させることが可能です。

重量:4.1kg

三脚自体の重量となります。NX-100Cの重量は4.1kgです。これは段階式のカウンターバランス調整機構を持つ三脚では世界最軽量クラスのようです。

高さ:53~168cm

三脚をもっとも低い位置ともっとも高い位置で設置した時の高さになります。

ボール径:75mm

ビデオヘッドをビデオ三脚に接続するときの規格になります。主に60/75/100/150mmの4つに分かれます。同じボール径であれば、基本的には他社のビデオ三脚にも取り付けることが可能です。(物理的に干渉する場合を除く)

パイプ材質:カーボン

動画用三脚の仕様表に記載されるパイプの材質は、基本的に「アルミ」か「カーボン」のどちらかになります。「アルミ」は割れにくい、コストが安いが重量がカーボンに比べて重くなる傾向があり、「カーボン」はアルミと比べると割れやすい、コストが高いというデメリットはあるものの、重量を軽くすることが可能です。NX-100Cはカーボン脚を採用しています。

三脚段数:3段

文字通り、三脚の段数です。三脚の長さが調整できる箇所が各脚ごとに3か所ずつあるということです。

次回のお知らせ

さて、次回はエントリーモデルの比較を行う予定です。よろしくおねがいします。

【バックナンバー】映像関連の解説シリーズ 

もっと映像関係の知識を知りたい!と思った方、パンダスタジオでは映像関係の解説シリーズをブログ形式で紹介しております。下記ブログへの訪問どうぞ!よろしければ高評価ボタンもお願いします!

今回のブログに関係する機材一覧

Libec リーベック NX-100C グランドスプレッダーのレンタル

Libec リーベック 650EX (最大搭載重量 3kg)のレンタル

Libec リーベック TH-X ミッドスプレッダー(75.5cm~159cm 4Kg)のレンタル

Libec リーベック TH-Z ミッドスプレッター(75.5〜159cm 5Kg)のレンタル

 

    お問い合わせフォーム

    PANDASTUDIOレンタルのご利用に関してのお問い合わせは以下フォームよりお問い合わせください。通話料無料のフリーコール 0800-1234-151 でも承ります。

    不要製品名 自動記入
    任意会社名
    必須お名前
    任意受注番号
    必須電話番号
    必須メールアドレス
    必須お問い合わせ内容

    個人情報の取扱い規約

    株式会社PANDASTUDIO.TV(以下「弊社」といいます)は、弊社が定めるプライバシーポリシーに従ってお客様の個人情報を取得及び管理いたします。 弊社のプライバシーポリシーにおいては、お客様の個人情報の取得にあたり利用目的を明示又は公表すること、並びに、利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報を取り扱うことを定めています。 弊社は、弊社のWebサイト上でのサービスお申込及び資料送付のお申込みの受付、各種イベントにおけるアンケートの実施、弊社のネットワーク関連製品またはサービスのご購入、並びに、お客様からの弊社へのお問い合わせ等を通してお客様の氏名、住所、メールアドレス、勤務先、役職等の個人情報を取得する場合があります。この場合に弊社は、お客様から取得した個人情報を以下の目的のために利用します。

    1. 弊社のレンタル関連及びサービスをより向上させ、かつ、お客様のご要望により応えられるものとするため
    2. 弊社のレンタル関連及びサービスに関する最新の情報をお客様にお伝えするため
    3. 弊社のレンタル関連またはサービスをご購入いただいたお客様に対するサービスを実施するため
    4. キャンペーンなど弊社及び弊社のビジネス・パートナーからのお客様にとって有益と弊社が考える情報を提供するため
    5. その他必要に応じてお客様にコンタクトするため
    6. 弊社のWebサイトをお客様のご利用に合わせてカスタマイズするため
    7. 弊社のレンタル関連製品及びサービスの利用状況及び利用環境を含む市場調査のため
    8. 上記に付随する業務

    <お問い合わせ先>

    会社名 : 株式会社PANDASTUDIO.TV

    住所 : 〒103-0007 東京都中央区日本橋2-62-6 日本橋浜町KビルB1F〜6F

    レンタル受渡場所 : 〒135-8071 東京都江東区千石1-5-4

    レンタル担当者 : 中村おりお

    電話番号 : 03-4405-9955

    電話番号 : 0800-1234-151(フリーコール)

    FAX番号 : 03-6684-4610

    Eメールアドレス :rental@pandastudio.tv

    個人情報の規約に同意される方は確認画面へをクリックした後に、送信ボタンをしてください。