MENU
  • アカウント
  • カートを見る
ホーム > ブログ > Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K ストレージメディアの準備

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K ストレージメディアの準備


それではですね
今回は Blackmagic Design Pocket Cinema Camera 4Kで使用する収録メディア、ストレージメディアの準備についてですね、要はフォーマットの仕方ということです

 

フォーマットタイプ

CFastカード、SDカード、USB-Cフラッシュディスクは、カメラのストレージ管理のフォーマットカート機能とフォーマットメニューを使用するか
あるいは Macや windows のコンピュータでフォーマットできます。
ただし最高の性能得るにはカメラを使ってストレージメディアフォーマットすることお薦めします。

というふうにマニュアルで言われています。なので今回はカメラを使ってフォーマットする方法をご紹介したいと思います
フォーマットの場合ですね、ファイルタイプを選びますが、HFS+と exFATという2つのフォーマットタイプがあります。

まず HFS+は Mac OS X としても知られているもので、ジャーナリングをサポートしているため、推奨されるフォーマットです。
万が一、ストレージメディアが破損した場合、ジャーナリングされたメディアのデータは回復できる可能性があります

HFS+は Mac OSでネイティブでサポートされています
データが破損しても復旧できるかもしれないということです

もう一つ exFATは Mac と Windows でネイティブサポートされ

ておりソフトウェアを別途購入する必要はありませんが、ジャーナリングには対応してません。
Windows ですともうこっちしか、 ex FATしか選択肢はないんです

けども、Macだったらジャーナリングがサポートされている、HFS+のほうが良いのではないか、ということですね

 

フォーマットの方法

メディアを挿入しました。その後なんですけども、LCDタッチスクリーンの下方にあるストレージインジケーターをタップしてストレージ管理に行きます



「CFastカードをフォーマット」あるいは 「SDカードをフォーマット」ここをタップしてフォーマットするということですね

USB-Cの フラッシュディスクを接続している場合は「Format SD Card」の代わりに「外付けドライブフォーマット」という風に表示されています
まずこの図 LCDディスプレイのストレージメディア、ここをパチッとクリックすると、こんな感じのでストレージ管理に行くのでFormat CFast Card かこっちCFastカードが

入っててこっちにSD カードが入ってるんでしょ、こっちのカードをフォーマットうちのガードフォーマットメニューがありますのでここをパチッとクリックすると、CFastカードのフォーマットに行くので、
こっちのメディアのフォーマットするぞと言う

さっきのフォーマットボタンを押しますとリール番号をマニュアルで変更したい場合、こういった画面が出てくるのでリール番号を変更したい場合は
edit リール番号をクリックすると。リール番号というのは、これですね、ここで言うところ の003とかって言うところです。


このままでいい、気にしねえよという場合はもうそのまま、フォーマットするタイプを選んでOS X Extend なのか exFATなのか、要はHFS+なのかexFATなのか選んで
Format CFast というふうに押しました


ここはメディアによって、ここのメニューは変わりますけど、名前はちょっと変わりますが、だいたいこの辺にあるボタンを押しますと、こういった確認画面が出てきます

CFast カードを OS X Extendでフォーマットするよ、ほんとにいいの? と出てきます
をよく読んでパチッと、大体流れでパパってやっちゃうと最初に選んだカード違うよ、ほんとは消しちゃいけない、今撮ったデータが入ってるとこフォーマットしちゃったという
どうしょもない、取り返しつかないですからね、そうならないようにちゃんと確認画面は確認する、ね、指さし

指さし確認してもいいぐらいですね
指差し確認してフォーマットカードどうぞ

ここ、マニュアルも書いていて、フォーマットする場合に正しいカードが選択されているか確認します、ね確認しましょう

基本の流れでやっちゃうんですよ、確認大事、ほんと大事です
確認します。
でフォーマットします。完了したら、ストレージ管理に戻って完了したよって出るので、 ok をタップしてストレージ管理に戻って exitタップして

管理から出てLCDに行きましょうという。これで準備が完了しました
ということでメディアの準備に関してでした

お問い合わせフォーム

PANDASTUDIOレンタルのご利用に関してのお問い合わせは以下フォームよりお問い合わせください。通話料無料のフリーコール 0800−222−5566 でも承ります。

不要製品名 自動記入
任意会社名
必須お名前
任意受注番号
必須電話番号
必須メールアドレス
必須お問い合わせ内容

個人情報の取扱い規約

株式会社PANDASTUDIO.TV(以下「弊社」といいます)は、弊社が定めるプライバシーポリシーに従ってお客様の個人情報を取得及び管理いたします。 弊社のプライバシーポリシーにおいては、お客様の個人情報の取得にあたり利用目的を明示又は公表すること、並びに、利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報を取り扱うことを定めています。 弊社は、弊社のWebサイト上でのサービスお申込及び資料送付のお申込みの受付、各種イベントにおけるアンケートの実施、弊社のネットワーク関連製品またはサービスのご購入、並びに、お客様からの弊社へのお問い合わせ等を通してお客様の氏名、住所、メールアドレス、勤務先、役職等の個人情報を取得する場合があります。この場合に弊社は、お客様から取得した個人情報を以下の目的のために利用します。

  1. 弊社のレンタル関連及びサービスをより向上させ、かつ、お客様のご要望により応えられるものとするため
  2. 弊社のレンタル関連及びサービスに関する最新の情報をお客様にお伝えするため
  3. 弊社のレンタル関連またはサービスをご購入いただいたお客様に対するサービスを実施するため
  4. キャンペーンなど弊社及び弊社のビジネス・パートナーからのお客様にとって有益と弊社が考える情報を提供するため
  5. その他必要に応じてお客様にコンタクトするため
  6. 弊社のWebサイトをお客様のご利用に合わせてカスタマイズするため
  7. 弊社のレンタル関連製品及びサービスの利用状況及び利用環境を含む市場調査のため
  8. 上記に付随する業務

<お問い合わせ先>

会社名 : PANDASTUDIO.TV

住所 : 〒103-0007 東京都中央区日本橋2-62-6 品川不動産浜町ビル1F〜5F

レンタル受渡場所 : 〒111-0036 東京都台東区松が谷4−24−11 シティーオーソネ21 2F

レンタル担当者 : 中村おりお、秋葉隆男

電話番号 : 03-4405-8487

電話番号 : 0800-222-5566(フリーコール)

FAX番号 : 03-6684-4610

Eメールアドレス :rental@pandastudio.tv

個人情報の規約に同意される方は確認画面へをクリックした後に、送信ボタンをしてください。

Copyright (C) 映像機器レンタル:パンダスタジオレンタル公式サイト All Rights Reserved.
古物商許可番号:東京都公安委員会:第301051805612号