FREE CALL 0800-222-5566
営業時間 AM10:00-PM7:00
チャットで質問
FREE CALL 0800-222-5566
チャットで質問
営業時間 AM10:00-PM7:00
ホーム > ブログ > LiveUシリーズの違いと比較 モバイル中継装置のレンタル利用の選び方!

LiveUシリーズの違いと比較 モバイル中継装置のレンタル利用の選び方!


パンダスタジオレンタルでも人気のインターネット生中継・ライブ配信・無線伝送装置
Live U 全機種のレンタルや、上りパケット無制限のインターネット生中継用のルータが人気です。LiveShell Xのレンタル在庫も豊富に用意しております。



今回はその中でも、携帯回線を使った中継・取材、ライブ・スポーツに最適な小型軽量の高画質のモバイル中継装置のLiveUに絞って、それぞれどのような違いがあるのか、解説していきます。



live U 比較

ライブ配信に必要な機材

ライブ配信に必要な機材は大きく分けると
・出演者
・ビデオカメラ
・パソコン
・配信するためのインターネット環境
が、必要になってきます。

ライブ配信は室内だけではなく、外でも行われますが当然ながら有線でのインターネット環境を構築することはかなり難しくなってきます。
そこで活躍するのがモバイル中継装置です。

LTE回線によるIP伝送中継システムの説明動画

実際にモバイル中継装置はどういったことができるのかは以下の動画をご覧ください。



LiveUシリーズの比較表

Live UのLU600はHEVCに対応し、HD/SDから4K60pまで伝送可能な送信機です。LU600は高速起動、高品質な素材伝送、高速ファイル伝送、低遅延を可能にします。5インチ液晶を搭載し操作性も向上、現場からの送信機の操作、LU-Centralからの操作に対応。内蔵バッテリを標準装備し、Vマウントカメラバッテリにも対応しているのが大きな特徴です。
製品名LU600LU500LU300 Solo
機材写真
ビデオ解像度(インプット)HD:1080p50/60/25/30/24,
1080i50/60,
720p50/60/25/30,
PAL, NTSC
4K-HDMI:4Kp50/60/25/30/24,
1080p50/60/25/30/24,
1080i50/60,
720p50/60/25/30,
PAL, NTSC
4K-SDI:4Kp50/60/25/30/24,
1080p50/60/25/30/24,
1080i50/60,
720p50/60/25/30,
PAL, NTSC
・1080i 59.94,50,60
・720p 59.94,50,60,
・480i 59.94,5
・76i50
・525/29.97
・NTSC,625/25
・PAL 自動認識
・1080p 24,25,30,50,60
・1080i 50,60
・720p 25,30,50,60
・NTSC, PAL
・1080p 24,25,30,50,60
・1080i 50,60
・720p 25,30,50,60
・NTSC,PAL
・信号自動認識
インターフェイスHD:3G/HD/SD-SDI
4K-HDMI:HDMI 1.4
3G/HD/SD-SDI, HDMI 2.0
4K-SDI:12G/3G/HD/SD-SDI
4x3G-SDI (2SI + SD)*
HD/SD-SDI, HDMIHD/SD-SDI(BNC), HDMI Ver2.0(Type A)HD/SD-SDI, HDMI Ver.1.4
ビデオエンコーダーHD:H.265/HEVC, H.264
4K-HDMI:H.265/HEVC, H.264
4K-SDI:H.265/HEVC, H.264
H.264 AVC high profileH.265/HEVC、H.264(for file encoding)
H.264 AVC high profile
オーディオエンコーダーHD:AAC-HE/LC (2ch/4chオーディオ対応)
4K-HDMI:AAC-HE/LC (2ch/4chオーディオ対応)
4K-SDI:AAC-HE/LC (2ch/4chオーディオ対応)
AAC-LCAAC-HE/LC 2chオーディオAAC-LC
通信インターフェイス合計11回線
USBポート×8
有線LANポート×2
内蔵Wi-Fi×1
合計10回線
USBポート×8
有線LANポート×2
内蔵Wi-Fi×1
合計6回線
USBポート×2
有線LANスロット×1
内蔵Wi-Fi×1
内蔵SIMスロット(MicroSIM)×2
合計4回線
USBポート×2
有線LANスロット×1
内蔵Wi-Fi×1(使用不可)
伝送モードプロファイル設定
・0.6秒~20秒までの遅延時間設定

出力方法
・HD/SD-SDI(BNCジャック)出力またはインターネットストリーミング
プロファイル設定
・低遅延モード
・MaxQuality(最高画質・素材伝送モード)

出力方法
・SDI出力またはインターネットストリーミング
プロファイル設定
・0.6秒~20秒までの遅延時間設定

出力方法
・HD/SD-SDI(BNCジャック)出力またはインターネットストリーミング
出力方法
・インターネットストリーミング
ローカルコントロール(送信機)・タッチパネルによる本体操作、入力映像プレビュー
・リモートコントローラーによる本体操作
・タッチパネルによる操作
・映像プレビュー
・オーディオインジケーター
・JOGコントローラによる操作
・映像プレビュー
-
リモートコントロール(受信機)・LU-Centralを経由したWebブラウザベースのリモートコントロール(配信開始・停止、送り先変更、遅延量設定等)
・映像プレビュー
・ネットワーク状況(通信状況、 遅延量)のモニタリング、送信機の操作制御
・インターネットストリーミング設定
・LU-Centralを経由したWebブラウザベースのリモートコントロール
(配信開始・停止、送り先変更、遅延量設定等)
・映像プレビュー、ネットワーク状況(通信状況、 遅延量)
・LU-Centralを経由したWebブラウザベースのリモートコントロール(配信開始・停止、送り先変更、遅延量設定等)
・受信映像プレビュー
・ネットワーク状況(通信状況、 遅延量)のモニタリング、送信機の操作制御
・インターネットストリーミング設定
Webブラウザベースのリモートコントロール
独自テクノロジー・PACKET ORDERINGによるパケット再構成機能
・DYNAMIC FORWARD ERROR CORRECTIONによる送信パケットのエラー訂正機能
・ACKNOWLEDGE AND RESENDによるパケットの再送機能
・ADAPTIVE BIT RATE ENCODINGによるモバイル回線に最適化させたエンコード機能
・Adaptive Bit Rate (ABR)による自動リカバリー機能搭載
・Forward Error Correction (FEC)による自動リカバリ機能搭載
・PACKET ORDERINGによるパケット再構成機能
・DYNAMIC FORWARD ERROR CORRECTIONによる送信パケットのエラー訂正機能
・ACKNOWLEDGE AND RESENDによるパケットの再送機能
・ADAPTIVE BIT RATE ENCODINGによるモバイル回線に最適化させたエンコード機能
・独自技術「LRTTM」(LiveU Reliable Transport)」プロトコル対応
・Forward Error Correction(FEC)による自動リカバリ機能
・Adaptive Bit Rate(ABR)による画質最適化機能
主な機能・高速起動
・オーディオインジケーター
・送信機のタッチパネルによる操作、受信側からの操作
・内部収録伝送機能/FTP機能
・高速起動
・低遅延でのインタビューモード
・オーディオインジケーター
・タッチパネルからの操作、受信側からの操作
・内部収録伝送機能/FTP機能
・高速起動
・送信機のJOGコントローラによる操作、受信側からの操作
・内部収録伝送機能/FTP機能
Facebook、YouTube、Twitterなど主要なSNSと連動しているので簡単に配信をスタートできます
接続端子類・MicroSDカードスロット(SDXC256GBまで対応)
・MicroUSB2.0ポート
・RJ-45 Ethernet x2
・オーディオジャック
・HDMI Micro(Type D)
・MicroSDカードスロット
・MicroUSB2.0ポート
・RJ-45 Ethernet
・オーディオジャック
・MicroSDカードスロット(SDXC512GB迄対応)
・Mini USB 2.0ポート
・RJ-45 Ethernet
・オーディオジャック
・内蔵SIMスロット x2
・RJ-45 Ethenet
※MicroSDカードスロット、MicroUSB 2.0ポート、オーディオジャックはご利用になれません。
幅×高さ×奥行き148mm×225mm×68mm148mm×225mm×68mm112.5mm×203mm×54.5mm95mm×132mm×43mm
重さ(本体のみ)・1.08kg(バッテリー無し)
・1.68kg(3.5時間バッテリー搭載時)
・1.08kg(バッテリー無し)
・1.68kg(3.5時間バッテリー搭載時)
955g518g (内蔵バッテリ、モデムを含む)

H.264対応とH.265対応の違い

H.265 (HEVC = High Efficiency Video Coding)
動画圧縮規格H.264/MPEG-4 AVCの後継規格として生み出されたコーデックです。圧縮技術の適正化が進められており、H.264と比べて約2倍の圧縮能力を備えて、H264とH265動画を比較したら、H.265はビットレートを 30~40% 落としても同程度の画質を保つことができます。

H.264 (AVC = Advanced Video Coding)
現在主流の動画圧縮形式です。ブルーレイデイスク、YouTubeとiTunes Storeなどのようなオンライン動画、ハイビジョンテレビ放送などの大容量・高画質の動画まで幅広く利用されています。または、防犯カメラ業界ではすでにレコーダーにこの方式で組み込まれている場合が多い規格となります。

H.265対応のモバイル中継装置


「H.265 」は、MPEG-2の4倍の圧縮率を実現します。「H.264」の半分のファイルサイズ・ビットレートで同等の画質を実現することができる機種となります。

LU600/LU300

H.264対応のモバイル中継装置


「H.264 」は、MPEG-2の2倍の圧縮率を実現します。

LU500/Solo

個人でのライブ配信などであれば、Facebook、YouTube、Twitterなど主要なSNSと連動しているので簡単に配信をスタートできるLibeU soloがオススメです。

4Kなどの高画質での配信を求められる、地上波放送局やケーブルテレビ局やライブ配信事業者であれば、複数回線を利用して安定した通信が可能なLU600LU500などがオススメです。

お問い合わせフォーム

PANDASTUDIOレンタルのご利用に関してのお問い合わせは以下フォームよりお問い合わせください。通話料無料のフリーコール 0800−222−5566 でも承ります。

不要製品名 自動記入
任意会社名
必須お名前
任意受注番号
必須電話番号
必須メールアドレス
必須お問い合わせ内容

個人情報の取扱い規約

株式会社PANDASTUDIO.TV(以下「弊社」といいます)は、弊社が定めるプライバシーポリシーに従ってお客様の個人情報を取得及び管理いたします。 弊社のプライバシーポリシーにおいては、お客様の個人情報の取得にあたり利用目的を明示又は公表すること、並びに、利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報を取り扱うことを定めています。 弊社は、弊社のWebサイト上でのサービスお申込及び資料送付のお申込みの受付、各種イベントにおけるアンケートの実施、弊社のネットワーク関連製品またはサービスのご購入、並びに、お客様からの弊社へのお問い合わせ等を通してお客様の氏名、住所、メールアドレス、勤務先、役職等の個人情報を取得する場合があります。この場合に弊社は、お客様から取得した個人情報を以下の目的のために利用します。

  1. 弊社のレンタル関連及びサービスをより向上させ、かつ、お客様のご要望により応えられるものとするため
  2. 弊社のレンタル関連及びサービスに関する最新の情報をお客様にお伝えするため
  3. 弊社のレンタル関連またはサービスをご購入いただいたお客様に対するサービスを実施するため
  4. キャンペーンなど弊社及び弊社のビジネス・パートナーからのお客様にとって有益と弊社が考える情報を提供するため
  5. その他必要に応じてお客様にコンタクトするため
  6. 弊社のWebサイトをお客様のご利用に合わせてカスタマイズするため
  7. 弊社のレンタル関連製品及びサービスの利用状況及び利用環境を含む市場調査のため
  8. 上記に付随する業務

<お問い合わせ先>

会社名 : PANDASTUDIO.TV

住所 : 〒103-0007 東京都中央区日本橋2-62-6 品川不動産浜町ビル1F〜5F

レンタル受渡場所 : 〒111-0036 東京都台東区松が谷4−24−11 シティーオーソネ21 2F

レンタル担当者 : 中村おりお、秋葉隆男

電話番号 : 03-4405-8487

電話番号 : 0800-222-5566(フリーコール)

FAX番号 : 03-6684-4610

Eメールアドレス :rental@pandastudio.tv

個人情報の規約に同意される方は確認画面へをクリックした後に、送信ボタンをしてください。

Copyright (C) パンダスタジオ レンタル公式サイト All Rights Reserved.
古物商許可番号:東京都公安委員会:第301051805612号