MENU
  • アカウント
  • カートを見る
ホーム > ブログ > とりあえずライブ配信してみたいときの機材

とりあえずライブ配信してみたいときの機材


こんにちは。 パンダスタジオレンタル事業部の中村です。本日は、日々のレンタル事例から、「とりあえずライブ配信したいけど予算が無いので、なるべく手持ちの機材を使いたい」といった案件の場合について、ご紹介いたします。


今回の要件

・ライブイベントをやっている(アイドルとか)のでその模様を生配信したい
・とりあえず自分たちでネット配信したいので足りない分だけ機材を貸してほしい
 (HD画質程度で構わない)
・インターネット回線は会場にある

というわけで、その際のシステム図がこちら。
カメラ(デジタル一眼)とPCが既にある、という事だったので取り込み用にUltraStudio Mini Recorderをレンタルいたしました。
極論を言ってしまえば、手持ちのスマホでもライブ配信はできるのですが、そこは絵に拘りたい、という事で、普段イベントのスナップ等で使用しているデジタル一眼を使用して、カッコいい絵を狙うということでした。


講義内容の文字お越し
はいみなさんこんにちはパンダスタジオの中村です
今回のですねシステム構成図を見ながら考えてみるシリーズはこちらとりあえずライブ配信をしてみたいとこういったことについて考えてみたいと思います
実際パンダスタジオでレンタルをしている時ですね、まぁこういった形のお問い合わせママあります。

ちょっと今までそういったことをしたことないんだけども ライブ配信をとりあえずしてみたい。どんな機器がありますかというお問い合わせですねはい
で今回の要件としてはこういった例でしたと。
ライブベイトやっているまあどうもアイドルとかそういったもののライブベイトやっていますよということでした

それからとりあえず自分たちでネット配信したいので機材を貸してほしいと
業者をですね技術会社を入れるあるいは配信専用の業者を入れる予算は無いのでとにかく 自分たちでなんとかしたいので一番ミニマムな形でなんとかできる知恵を貸してくれということでした

で画質は HD程度で構わないということでしたね
4Kとか考えなくていいよと

インターネット回線は会場にあるという想定でした

その時にですね、結局借りていかれたがこういったシステム図になります
まずデジタル一眼レフこちらはですね、あのイベントの撮影より、既に持っていたと デジタル一眼レフはありました。でここからなんか配信をしたいんだけどもパソコンもありますよ。
とね配信用のパソコンはありました。OBSっていうのを入れればできるんでしょうっていうことは言ってた
で、こことここをカメラ一眼レフとパソコンをつなぐ手立てがなんかとにかく安いので ないかということでしたのでまあこれを提案したと。Ultra studio mini recorderですね
なので今回だと手持ちの一眼レフとUltra studio mini recorderで配信用のパソコンにですね obse そうしてそこ につないで web 配信というこういうですねシステム図と言うのもおこがましいような感じですけど、まぁこういうシンプルな構成で借りていかれました。


こんな形でですね
そうであるいはこのステージ下から撮影してライブ配信したそうですと形ですねはい

今回の課題とメリットなんですけれども
まずですね
課題の方がこちらですね
HDMIケーブルまああのデジタル一眼レフがHDMIケーブルだったのでそれからやってたんですけれどもどうしてもですね
あのSDIのケーブルBNCのケーブルと違って抜けやすいですから、やっぱりちょっと不便(不安)であったというのと 今回狭い会場だったんでそれほど問題ではなかったんですが、会場が広くだったりするとケーブルがそんなに長く引けないですから HDMIケーブルはそういったところがちょっと今後不安ですね
という形に、抜けやすさと長さが取り回しが長い取り回しができないのでそこがちょっと心配だったと

今後のことを考えると複数のカメラを使用して映像を切り替えたいと、 今回1カメ体制でやりましたそういったところではですねちょっとえええのその面白さが出なかったらでは複数 カメラで例えばよりと引きとかですね

そんな形で映像を切り替える形で見た目の面白さかしたいと
それから今回は会場のインターネット回線をパソコンにつないでという想定でしたけど 箱によってはライブをやる場所によってはネット回線を確保できるとは限らない、
急遽決まる場合もあるし、それから回線が来てない、あるいは貸してくれないところでやる 場合もあるので、ここもまぁ今後を考えないといけないですねという話ですね。

今回メリットとしてはですね、ほぼ手持ち機材こちらで貸したのは Ultra studio mini recorderだけでしたのでまああのこんな手軽に出来るんですね。
とこれさえあればできるんですね、ということで非常に喜んで頂いてました

それから少ない人員でね自分でカメラ持って自分のPCで配信してますからほぼ
1人体制でできたよ

手持ち機材でほぼ出来ましたから、映像が入るっていうこと が分かりさえすれば、回線につながるかとかっていうのもまあ事前に出来ましたと

パソコンのディスクトップの映像とかで流せば、これでライブできるんだということも 事前にテストできたのであとはまあUltra studio mini recorderが入るかどうかっていうのを こちらのをオフィスで確認したのでしておいたのでまあそれでできましたと

ことでまぁ機材が少なかったのでテストとかそういったことも非常に楽に出来たので助かりましたということでした

なのでまぁ今回案件としてはライブの案件だったんですけれどもこういったライブだとかあというは場合によってはですねこう

記者会見とかね
あとはそのちょっと対談的なものをデジタル管理デジタル一眼レフで撮ってそれを
こう流すとかっていうようなこういう小規模なイベントのときに非常に使え構成なんじゃないかなと思います
はい
今回はですね手持ちのデジタル一眼レフとカメラをデジタル一眼レフとパソコンを使ってウルトラスタジオミニレコーダーで配信してみるという例のご紹介でした
ちょっと戻りましょうかね回線図こんな感じですよと。
デジタル一眼レフとUltra studio mini recorder
配信用PCとまぁこんな感じでもなんとかかやるということであれば
これでもできますよという紹介でした

お問い合わせフォーム

PANDASTUDIOレンタルのご利用に関してのお問い合わせは以下フォームよりお問い合わせください。通話料無料のフリーコール 0800−222−5566 でも承ります。

不要製品名 自動記入
任意会社名
必須お名前
必須電話番号
必須メールアドレス
必須お問い合わせ内容
必須キャプチャ

個人情報の取扱い規約

株式会社PANDASTUDIO.TV(以下「弊社」といいます)は、弊社が定めるプライバシーポリシーに従ってお客様の個人情報を取得及び管理いたします。 弊社のプライバシーポリシーにおいては、お客様の個人情報の取得にあたり利用目的を明示又は公表すること、並びに、利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報を取り扱うことを定めています。 弊社は、弊社のWebサイト上でのサービスお申込及び資料送付のお申込みの受付、各種イベントにおけるアンケートの実施、弊社のネットワーク関連製品またはサービスのご購入、並びに、お客様からの弊社へのお問い合わせ等を通してお客様の氏名、住所、メールアドレス、勤務先、役職等の個人情報を取得する場合があります。この場合に弊社は、お客様から取得した個人情報を以下の目的のために利用します。

  1. 弊社のレンタル関連及びサービスをより向上させ、かつ、お客様のご要望により応えられるものとするため
  2. 弊社のレンタル関連及びサービスに関する最新の情報をお客様にお伝えするため
  3. 弊社のレンタル関連またはサービスをご購入いただいたお客様に対するサービスを実施するため
  4. キャンペーンなど弊社及び弊社のビジネス・パートナーからのお客様にとって有益と弊社が考える情報を提供するため
  5. その他必要に応じてお客様にコンタクトするため
  6. 弊社のWebサイトをお客様のご利用に合わせてカスタマイズするため
  7. 弊社のレンタル関連製品及びサービスの利用状況及び利用環境を含む市場調査のため
  8. 上記に付随する業務

<お問い合わせ先>

会社名 : PANDASTUDIO.TV

住所 : 〒103-0007 東京都中央区日本橋2-62-6 品川不動産浜町ビル1F〜5F

レンタル受渡場所 : 〒111-0036 東京都台東区松が谷4−24−11 シティーオーソネ21 2F

レンタル担当者 : 中村おりお、秋葉隆男

電話番号 : 03-4405-8487

電話番号 : 0800-222-5566(フリーコール)

FAX番号 : 03-6684-4610

Eメールアドレス :rental@pandastudio.tv

個人情報の規約に同意される方は確認画面へをクリックした後に、送信ボタンをしてください。

Copyright (C) 映像機器レンタル:パンダスタジオレンタル公式サイト All Rights Reserved.