FREE CALL 0800-1234-151
チャットで質問
営業時間 10:00 ~ 19:00
  • カテゴリーから選ぶ
  • メーカーから選ぶ
  • 用途から選ぶ
  • ご利用方法
メーカーから選ぶ

Blackmagic Design HyperDeck Studio HD Mini レンタル

  • 3日以上レンタル価格

    3,080円 /日 (税込)×日数

  • 7日以上レンタル価格

    2,200円 /日 (税込)×日数

レンタル数量を選ぶ
レンタル期間を選ぶ

レンタル開始日を選択してください

明日 10:00 から店頭受取可能
エラー
日付下の数字は在庫数です。
※ ただいまのお時間、店頭受取は行っておりません。店頭受取の時間を過ぎている場合と、本日の店頭受取数が一定数に達したためです。明日以降の店頭受取になります。
( 受付再開予定:8月9日 10時〜 )

選択内容

レンタル日数
○○
商品受取日
○○○○○○日()到着
(北海道・九州・沖縄・離島は当日受取りとなることもあります。詳しくはお問い合わせください。また、対象地域の方は大容量バッテリー等は空輸となった際送ることが不可能な商品もございます。)
利用期間
○○○○○○日()〜
○○○○○○日(
Options

ケーブルの長さは異なる場合もあります。予めご了承ください。

Blackmagic Design HyperDeck Studio HD Miniと一緒にレンタル・購入されています

Blackmagic Design HyperDeck Studio HD Miniの商品説明

Blackmagic Design HyperDeck Studio HD Mini 概要

SDカードとSSDメディアを使用して、収録・再生が実行できるプロ仕様の放送デッキ!

HyperDeck Studioでは、放送品質のビデオファイルを直接SDカードおよびSSDメディアに収録できます。

新しいデザインのHyperDeck Studioシリーズは、近代的なデザインで、より多くのコーデックに対応しており、静音設計の冷却システムを採用しています。全モデルは、H.264、Apple ProRes、DNxHDファイルのいずれかに、PCMまたはAACオーディオで収録できます。

また、4KモデルはH.265ファイルにも対応!収録が終わったら、メディアをあらゆるコンピューターにマウントし、お気に入りのビデオソフトウェアでファイルを扱えます。

個別収録においては、タイムコードとリファレンスジェネレーターも内蔵しているため、複数のユニットを同期可能。このようなパワフルな機能を多数搭載しているため、HyperDeck Studioは放送、ライブプロダクション、複数画面のデジタルサイネージに最適です!

Blackmagic Design HyperDeck Studio HD Mini 特徴

エレガントなデザインのプロ仕様の放送デッキ

HyperDeck Studioレコーダーの新モデルは、完全に再設計され、数十種類の新機能を搭載!

高位機種は、新しい放送スタイルのフロントパネルコントロールを搭載しており、リアパネルの接続の数が増えました。LCDスクリーンはライトモードとダークモードに対応しており、トランスポートコントロールボタンは、しっかりとした、使い心地の良いプロ仕様の設計。

Proシリーズには、適度な抵抗の機械加工のサーチダイヤルが搭載されており、ソフトなゴム加工が施されているため使用感に優れています。また、サーチダイヤルは従来型の放送デッキのようなクラッチに対応しています!

デュアル・メディアスロットを搭載しているため、収録を中断することなくカードを交換可能。高位機種は、フロントパネルにヘッドフォン接続とスピーカーも搭載しています。

ライブプロダクション、放送、アーカイブに最適

マスターレコーダー

全モデルは、H.264、ProRes、DNxファイルの収録に対応しているので、放送マスターの収録に最適です!PCMまたはAACオーディオも使用でき、4KモデルではUltra HDファイルの収録時にH.265を使用可能。番組を放送局に送信したり、YouTubeにアップロードするために必要な機能がすべて搭載されています。

個別収録

全モデルはタイムコードとリファレンスジェネレーターをサポートしており、他のHyperDeckにループ出力可能。つまり、ラックに複数のHyperDeck Studioを設置して個別収録できるため、ライブイベント終了後にマルチカム編集が行えます。また、SDI出力にカメラを同期でき、SDI入力はフレーム同期します!

デジタルサイネージ

HyperDeck Studioの全モデルはHDMI出力を搭載しており、大画面テレビやプロジェクターに接続できるため、デジタルサイネージに最適。内蔵のシンクジェネレーターを使用すれば、複数のHyperDeckを組み合わせて、複数画面を用いた巨大なビデオウォールを作成できます。ファイルのアップロード用のFTPや、リモートコントロール用のプロトコルにも対応しています。

放送アーカイブ

HyperDeck Studioは、あらゆるSDおよびHDフォーマットに対応しているため、Digital Betacam、Betacam SP、1インチ、Uマチック、VHSなどの放送デッキから過去のテレビ番組をアーカイブするのに最適です。

直接H.264に収録できるので、ストレージを最大限に活用可能。アナログデッキにはMini Converter Analog to SDIを追加するだけです!

明るいカラーLCDステータス表示

HyperDeck Studioは、従来のデッキスタイルのトランスポートコントロールを採用。ジョグ、シャトル、スクロールを実行できるサーチダイヤルなどを搭載しています。

コンパクトなLCDには、タイムコードおよびトランスポートの情報に加えて、収録・再生中のクリップのサムネイルがフルカラーで表示されます。さらに、各カードの収録状況、ビデオフォーマット、フレームレート情報、オーディオレベルも同じ画面に表示されます!

LCDにはモニタリング用のビデオに加え、正確なオーディオレベルメーターが表示され、VUまたはPPMで切り替え可能。使い慣れたVTR式のコントロールと内蔵LCDスクリーンにより、HyperDeck Studioはすばやい操作が可能なだけでなく、操作方法も簡単に習得できます。

従来型の放送デッキコントロール

HyperDeck Studioは、従来型の放送コントロールパネルを搭載しているため、高速な操作が可能。収録ボタンを押すだけで、ファイルへのビデオ入力の収録を瞬時に開始します!

また、メニューから収録ファイルフォーマットを変更可能。再生、巻き戻し、早送り、前のクリップまたは次のクリップへの移動を実行するトランスポートコントロールボタンを搭載しています。

Proシリーズには、機械加工のサーチダイヤルが搭載されており、シャトル、ジョグ、スクロールが実行できるため、すばやくクリップを見つけられます。フロントパネルでボタンを押すと、背面のRS-422リモート出力にループされるので、複数のHyperDeckをコントロール可能。

PlusおよびProシリーズは、フロントパネルにスピーカーとヘッドフォンソケットも搭載しているので、ライブでオーディオをモニタリングできます。

SDカード、UHS-IIカード、SSDに対応

HyperDeck Studioの全モデルは、一般的なSDカードおよびUHS-IIカードへの収録をサポートしているため、高額なカスタムメディアは必要ありません。

Proシリーズは2つのSSDスロットも搭載しているため、2種類のメディアを使用可能。SDカードとSSDは小型で極めて低価格なので、放送メディアとして最適です。

H.264で収録する場合、ファイルが非常に小さく収まるため、容量が小さな低価格のカードにも長時間の収録が可能。また、外付けUSBディスクにも収録できます!

1TBのカードに、H.265では2160p60 Ultra HDで最長58時間、H.264では1080p59.94で最長157時間の収録が可能です。つまり、1枚の1TBのカードにHDで6日間以上、収録を続けられます!

デュアル・メディアスロットでノンストップ収録!

HyperDeck Studioの全モデルはデュアル・メディアスロットを搭載しているため、継続的な収録が可能。収録中のカードがフルになると、自動的に次のカードに収録が継続されます。

これは、長時間のライブイベントの収録に最適です!ホットスワップ可能なので、フルになったカードを空きカードに交換する間も別スロットで収録が継続されます。

各スロットはステータスインジケーターを搭載しており、収録中は赤、再生中は緑に点灯するため、使用中のカードを簡単に確認可能。また、全モデルで長時間の収録を単一のファイルに収録できるため、簡単にファイルの送受信などが行えます。

HyperDeck Studioは修理も簡単。各カードスロットは、個別のプリント基板を使用しているため、繰り返しの使用によりスロットが劣化した場合は交換できます。

外付けUSB-Cメディアディスクに収録

他の種類のメディアに収録する必要がある場合、USB-C拡張ポートに接続した外付けフラッシュディスクに収録が可能。USB-Cフラッシュディスクは、SDカードやSSDより物理的に大きいため、容量に制限がありません。

また、編集に使用するディスクアレイにも収録できるため、ポストプロダクションを始めるにあたってファイルのコピーに時間を費やす必要はありません。ディスクをコンピューターにマウントするだけで、すぐに編集を開始できます!

Blackmagic MultiDock 10Gは4つのSSDメディアスロットを搭載しているため、HyperDeck Studio MiniおよびPlusに接続することで、両モデルにSSDメディアに対する互換性を追加可能。内蔵LCDには、外付けディスクを管理するメニューも搭載されています。

高度な放送インターフェース

メディアステータス
収録または再生をインジケーターで確認可能。

トランスポートコントロール
コンパクトな収録・再生ボタン。

LCDディスプレイ
ビデオ、トランスポート、オーディオメーター、メニューを表示。

SDカードスロット
SDカードおよび高速のUHS-IIカードに対応。

メニューボタン
サーチダイヤルでメニューをスクロール。

サーチダイヤル
シャトル、ジョグ、スクロールを実行できるコンパクトなサーチダイヤル。

AC電源入力
100〜240V AC電源内蔵。

リモート入力
放送スタイルRS-422デッキコントロール。

リファレンス入出力
複数のデッキを同期するためのシンクジェネレーターを内蔵。

HDMI出力
民生用テレビやプロジェクターでの再生に対応。

DC電源入力
ロック式12V電源接続。

1Gイーサネット
デッキコントロールおよびメディアファイル転送に対応。

タイムコード入出力
内部ジェネレーターからのタイムコード接続。

USB-C
外付けディスクやディスクアレイに収録。

3G-SDIビデオ
1080p60までのあらゆるSDおよびHDフォーマットに対応。

ビデオソフトウェア接続用のUSBウェブカム出力

HyperDeck StudioはUSB接続を使用したウェブカム出力をサポートしているため、多様なコンピューターソフトウェアと互換性があります。外付けUSBディスクに収録していない場合、HyperDeckのUSBコネクターをコンピューターに直接接続すると、あらゆるビデオソフトウェアでライブビデオを扱うことが可能。

HyperDeckは放送品質のビデオソースですが、コンピューターは一般的なウェブカメラであると認識します。つまり、あらゆるビデオソフトウェアと互換し、フル解像度の1080 HD品質が得られます。

HyperDeck StudioのUSBウェブカム機能は、Zoom、Microsoft Teams、Skypeなどのあらゆるビデオソフトウェアで使用でき、Open BroadcasterやXSplit Broadcasterなどでライブ配信可能。

 

Blackmagic Design HyperDeck Studio HD Mini 仕様

接続

SDIビデオ入力

1

SDIビデオ出力

1

SDIレート

270Mb、1.5G、3G

HDMIビデオ出力

1

スクリーン

2.2インチLCD

タイムコード接続

BNC入力 x1、BNC出力 x1、

リファレンス接続

BNC入力 x1、BNC出力 x1、3値シンクまたはブラックバースト

SDIオーディオ入力

16chのエンベデッドオーディオ

SDIオーディオ出力

16chのエンベデッドオーディオ

HDMIオーディオ出力

8chのエンベデッドオーディオ

リモートコントロール

RS-422入力 x1

レコーダーコンフィギュレーション

ユーザーインターフェースまたはBlackmagic HyperDeck Ethernet Protocol経由

イーサネット

1Gb/s

コンピューターインターフェース

USBタイプC 3.0 x1(最大5Gb/s)外付けドライブ収録、ウェブカム出力、ソフトウェア設定およびアップデート用

フォーマット

SDビデオフォーマット

525i59.94 NTSC、625i50 PAL

HDビデオフォーマット

720p50、720p59.94、720p60
1080i50、1080i59.94、1080i60
1080p23.98、1080p24、1080p25、1080p29.97、1080p30、1080p50、1080p59.94、1080p60
1080PsF23.98、1080PsF24、1080PsF25、1080PsF29.97、1080PsF30

2K DCIビデオフォーマット

2Kp23.98 DCI、2Kp24 DCI、2Kp25 DCI,
2Kp29.97 DCI、2Kp30 DCI

SDI規格

SMPTE 259M、SMPTE 292M、SMPTE 296M、SMPTE 372M、SMPTE 424M、SMPTE 425M level AおよびB、SMPTE 2084、SMPTE 2108-1

対応SDIメタデータ

HD RP188、クローズドキャプションCEA-708。SDIでサポートしているHDRメタデータ

対応HDMIフォーマット

525i59.94 NTSC、625i50 PAL,
720p50、720p59.94、720p60,
1080i50、1080i59.94、1080i60,
1080p23.98、1080p24、1080p25、1080p29.97、1080p30、1080p50、1080p59.94、1080p60,
2Kp23.98 DCI、2Kp24 DCI、2Kp25 DCI、2Kp29.97 DCI、2Kp30 DCI
2160p23.98、2160p24、2160p25、2160p29.97, 2160p30,
4Kp23.98 DCI、4Kp24 DCI、4Kp25 DCI、4Kp29.97 DCI、4Kp30 DCI

オーディオサンプリング

テレビ標準サンプルレート(48 kHz/24-bit)

ビデオサンプリング

4:2:2 YUV

色精度

10-bit

カラースペース

REC 601、REC 709、REC 2020。

HDRサポート

Hybrid Log-Gamma、ST2084 300、ST2084 500、ST2084 800、ST2084 1000、ST2084 2000、ST2084 4000、ST2084

対応マルチレート

SDおよびHDの自動検出

コピー防止

著作権で保護されたHDMIソースからのキャプチャーはできません。コンテンツをキャプチャー・配信する前に、著作権の所有を確認してください。

メディア

メディア

SDカードスロット x2、
USB-C 3.0拡張ポート x1
(SD、HD、2K DCIでの外部収録用)

メディアの種類

UHS-IおよびUHS-II SDカード

メディアのフォーマット

exFAT(Windows/Mac)またはHFS+(Mac)にフォーマット可能

対応コーデック

ProRes HQ QuickTime、ProRes 422 QuickTime、ProRes LT QuickTime、ProRes Proxy QuickTime(1080p60までのあらゆるフォーマット)。DNxHD 220x、DNxHD 220x MXF、DNxHD 145、DNxHD 145 MXF、DNxHD 45、DNxHD 45 MXFで720pおよび1080p HDフォーマット(60fpsまで)。H.264 SDI 4:2:2 10-bit、H.264 High 4:2:0 8-bit、H.264 Medium 4:2:0 8-bit、H.264 Low 4:2:0 8-bitであらゆるプログレッシブフォーマット(1080p60まで)。

コントロール

内蔵コントロールパネル

トランスポートおよびデバイスコントロール用のボタン x8、サーチダイヤル、2.2インチカラーディスプレイ

外部コントロール

RS-422デッキコントロール、SDI開始/停止、タイムコードトリガー。Blackmagic HyperDeck Ethernet Protocolを含む。リモートFTPファイルアップロードに対応

 

Blackmagic Design HyperDeck Studio HD Miniの付属品

名称数量
本体  × 1
電源ケブール(1.2m)  × 1
  • 本体×1
  • 電源ケブール(1.2m)×1

ケブールの長さは異なる場合もございます。予めご了承ください。

 

Blackmagic Design HyperDeck Studio HD Mini レンタルのレビュー

総合評価 ★★★★☆ (1件) レビューを書く
  • Blackmagic Design HyperDeck Studio HD Mini を借用しました
    ★★★★☆
    • 性能が満足
    • 操作が簡単

    現場で収録後速やかに複数のクライアントの方に動画を記録したSDカードを渡す必要があったため複数台お借りしました、レンタル予約時のパンダスタジオ様の在庫数では足りなかったのですが記録後PCでコピーすることで何とか完了しました、HyperDeck Studioの性能については皆さまご存じだと思います、仕様通り運用できました。

お問い合わせ

内容によっては回答をさしあげるのにお時間をいただくこともございます。
また、休業日は翌営業日以降の対応となりますのでご了承ください。

問い合わせ種類 必須
名前 必須
名前(フリガナ)
メールアドレス 必須
問い合わせ内容 必須

PANDASTUDIOレンタル ご利用方法

パンダスタジオレンタルご利用方法
ページトップへ
商品名
レンタル価格
¥ /日 (税込)
利用期間を選択してください
※日付下の数字は在庫数です。
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
エラー

レンタル開始日を選択してください

レンタル日数 4
利用期間
2018年11月24日(月)2018年11月27日(木)
カートをみる