MENU
  • カートを見る
  • アカウント
ホーム > ニュース&トピックス > ハイレゾ音源の再現性を究極まで高めた SONY ヘッドホンアンプ TA-ZH1ES をレンタル中!

ハイレゾ音源の再現性を究極まで高めた SONY ヘッドホンアンプ TA-ZH1ES をレンタル中!

ハイレゾ音源の再現性を究極まで高めた「D.A.ハイブリッドアンプ」を新規に開発して搭載した「SONY ヘッドホンアンプ TA-ZH1ES」をレンタルできます。

 

フルデジタルアンプ「S-Master HX」の高情報量・高解像度な音質はそのままに、アナログ回路を用いた信号補正により大出力時の歪(ひず)みやデジタルノイズをさらに低減!「S-Master HX」は全ての増幅プロセスをデジタル領域で行い、高効率でありながら信号劣化のない増幅を実現します。

 

最新のJEITA統一規格であるφ4.4mmのバランス端子など豊富なヘッドホン端子をフロントパネルに装備

最新のJEITA統一規格であるφ4.4mmや、XLR4、φ3.5mm×2のバランス型のヘッドホン端子に対応。φ3.5mmステレオミニ、φ6.3mmステレオ標準も含めた豊富なヘッドホン端子をフロントパネルに装備しているので、主要なヘッドホンを変換プラグを使用することなく接続が可能です。

豊富なヘッドホン端子を装備したフロントパネル
豊富なヘッドホン端子を装備したフロントパネル

 

豊富な入出力端子を装備

TA-ZH1ESは豊富な入出力端子を装備しています。アナログ系ではRCA入力 / RCA出力(固定/可変)、デジタル系ではUSB-B、同軸デジタル、光デジタル、を本体背面パネルに装備。また、本体側面(右側面)にウォークマン(R)/Xperia(TM)入力端子を装備しています。さまざまな機器を接続して、フルデジタルアンプ「S-Master HX」の高品位な音質でヘッドホンリスニングが可能です。

バックパネル
バックパネル
 

DA変換/アナログ出力が可能

本体背面のアナログ RCA出力は出力固定、出力可変を切り替えることが可能です。例えば、USB-Bで入力したハイレゾ音源を本機でDA変換しアナログ出力する場合、出力固定にしてDAコンバーターとして使用したり、出力を可変にしてアクティブスピーカー用のプリアンプとして使用することが可能です。また、アナログ入力については、DSD11.2MHz/5.6MHz/2.8MHz、PCM192kHz/96kHz/48kHz、何れかから選択したデジタル信号に変換して処理します。

アナログ入出力端子
アナログ入出力端子

 

開発者インタビューサイト

http://www.sony.jp/audio/special/interview/ZH1ES/

 

 

 

 

SONY ヘッドホンアンプ TA-ZH1ES

お問い合わせフォーム

PANDASTUDIOレンタルのご利用に関してのお問い合わせは以下フォームよりお問い合わせください。

会社名
お名前*
電話番号*
メールアドレス*
お問い合わせ内容*

個人情報の取扱い規約

株式会社パンダスタジオ(以下「弊社」といいます)は、弊社が定めるプライバシーポリシーに従ってお客様の個人情報を取得及び管理いたします。 弊社のプライバシーポリシーにおいては、お客様の個人情報の取得にあたり利用目的を明示又は公表すること、並びに、利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報を取り扱うことを定めています。 弊社は、弊社のWebサイト上でのサービスお申込及び資料送付のお申込みの受付、各種イベントにおけるアンケートの実施、弊社のネットワーク関連製品またはサービスのご購入、並びに、お客様からの弊社へのお問い合わせ等を通してお客様の氏名、住所、メールアドレス、勤務先、役職等の個人情報を取得する場合があります。この場合に弊社は、お客様から取得した個人情報を以下の目的のために利用します。

  1. 弊社のレンタル関連及びサービスをより向上させ、かつ、お客様のご要望により応えられるものとするため
  2. 弊社のレンタル関連及びサービスに関する最新の情報をお客様にお伝えするため
  3. 弊社のレンタル関連またはサービスをご購入いただいたお客様に対するサービスを実施するため
  4. キャンペーンなど弊社及び弊社のビジネス・パートナーからのお客様にとって有益と弊社が考える情報を提供するため
  5. その他必要に応じてお客様にコンタクトするため
  6. 弊社のWebサイトをお客様のご利用に合わせてカスタマイズするため
  7. 弊社のレンタル関連製品及びサービスの利用状況及び利用環境を含む市場調査のため
  8. 上記に付随する業務

<お問い合わせ先>

会社名 : 株式会社PANDASTUDIO>TV

住所 : 〒103-0007 東京都中央区日本橋2-62-6 品川不動産浜町ビル1F〜5F

レンタル受渡場所 : 〒114-0015 東京都北区中里2-19-8 銀座プロセスビル1F

レンタル担当者 : 勝見誠、秋葉隆男

電話番号 : 03-4405-8487

電話番号 : 0800-222-5566(フリーコール)

FAX番号 : 03-6684-4610

Eメールアドレス :rental@pandastudio.tv

個人情報の規約に同意される方は確認画面へをクリックした後に、送信ボタンをしてください。



freecall-600x150

Copyright (C) 映像機器レンタル:パンダスタジオレンタル公式サイト All Rights Reserved.