MENU
  • カートを見る
  • アカウント

SONY PMW-EX1

  • レンタル申し込み

    貸出・返却の往復送料無料
  • 価格(1台):¥15,000/日(税別)

タグ: |

SONY PMW-EX1 おすすめ理由

  • パンダスタジオで標準カメラとして、数多く利用しているカメラの1つです。
  • NX5にくらべ、筐体は大きくなりますが、センサーサイズが大きく、1/2インチなった分、明るく解像度感のある美しい映像が撮れます。
  • SxSで2重化され記録がされるのも安心な理由の1つです。

SONY PMW-EX1の特徴

1/2型フルHD 3CMOSセンサー搭載

ソニーが新開発した“Exmor(エクスモア)”CMOSイメージセンサーを、ハンディタイプカムコーダーとしては初めて1/2型フルHD(有効画素 1,920×1,080)3板式で搭載。大型撮像素子を採用することにより、高解像度、高感度、広いダイナミックレンジなど、ショルダータイプのカムコーダーに匹敵する描写力を実現しました。

フジノン製光学14倍ズームレンズ装備

レンズにはフジノン製の光学14倍ズームレンズを採用しました。広角側の焦点距離は35mm換算で31.4mmを実現し、広い画角での撮影にも適しています。また、フォーカス/ズーム/アイリスの操作リングはショルダータイプのカムコーダー同様、レンズ鏡胴に独立して配置され、プロフェッショナルの操作性を継承しています。さらに、前後にスライドする新機構のフォーカスリングを採用し、オートフォーカス機能を装備するほか、フォーカス目盛りを装備したフルマニュアルフォーカスモードに切り換えることができます。

SxSメモリーカードに長時間のハイビジョン記録

PMW-EX1は高画質と長時間記録を両立するMPEG HD圧縮、音声記録にはリニアPCMを採用。記録モードはHQモードとSPモードの2つのモードを搭載。HQモード(35Mbps)では1,920×1,080のフルHD記録に加えて1,280×720記録も選択でき、32GBのSxSメモリーカードに約100分間の記録が可能。SPモード(25Mbps)では1,440×1,080で約140分の記録が可能。1枚のメモリーカードで、DVCAMのミニカセット以上の記録時間を実現しました。

マルチフレームレート

シネマなどでよく使用される23.98p記録と29.97p記録にも対応。これらは720だけではなく1080でもネイティブの記録が可能となっています。さらに59.94iと50iの切り換えも可能で、幅広いアプリケーションでの運用が可能となります。

スロー&クイックモーション

フィルムカメラの早回し(オーバークランク)撮影、遅回し(アンダークランク)撮影と同様のスロー&クイックモーション機能を搭載しました。720時には60フレーム、1080時には30フレームまでの間で、1フレーム刻みで変更可能。例えば720/23.98p記録時に撮像のフレームレートを60フレームに設定すると1/2.5倍速のスロー映像が記録可能です。

豊富なインターフェース

HD信号のインターフェースとして標準的なHD-SDI出力を装備。多様なアプリケーションに対応します。また、i.LINK(HDV)出力も装備。PMW-EX1で記録した映像をHDV信号として出力することも可能です(SPモード時のみ)。

 

SONY PMW-EX3

SONY PMW-EX1

SONY PMW-EX3

SONY PMW-EX1

SONY PMW-EX3

SONY PMW-EX1

PMW-EX1のスペック

記録/再生機能
記録フォーマットビデオMPEG-2 Long GOP
HQモード...VBR、35Mbps(最大)、MPEG-2 MP@HL
SPモード...CBR、25Mbps、MPEG-2 MP@H14
オーディオリニアPCM、2チャンネル、16ビット、48kHz
記録フレームレートNTSCHQモード...1,920×1,080/59.94i、29.97p、23.98p、1,280×720/59.94p、29.97p、23.98p
SPモード...1,440×1,080/59.94i
PALHQモード...1,920×1,080/50i、25p、1,280×720/50p、25p
SPモード...1,440×1,080/50i
記録/再生時間
HQモード約100分〔SBP-32(32GB)使用時〕
約50分〔SBP-16(16GB)使用時〕
約25分〔SBP-8(8GB)使用時〕
SPモード約140分〔SBP-32(32GB)使用時〕
約70分〔SBP-16(16GB)使用時〕
約35分〔SBP-8(8GB)使用時〕
入/出力部
入力端子AUDIO IN CH-1、CH-2XLRタイプ3ピン(凹)×2
LINE…+4dBu
MIC…-8~-65dBu(基準レベル)
※LINE/MIC/MIC+48V切り換え式
DC INDCジャック×1
出力端子
AV OUT端子AVマルチコネクター×1 オーディオ...-10dBu(基準レベル)、47kΩ アナログコンポジット...1.0Vp-p、75Ω不平衡 アナログY/C分離信号
Y...1.0Vp-p、75Ω不平衡
C...0.286Vp-p、75Ω不平衡
COMPONENT OUT端子ミニD端子×1
※コンポーネントビデオケーブル→ピンフラグ×3
Y...1Vp-p、75Ω
Pb/Pr...0.7Vp-p、75Ω
ヘッドホン端子ステレオミニジャック×1 -20.5dBu(基準レベル出力、16Ω負荷時)
SDI端子BNC×1(HD/SD出力可)
入/出力端子
HDV IN/OUTi.LINK IEEE1394、4ピンコネクター×1、HDVストリーム入出力、S400
USBミニB端子×1、USB2.0 Hi-Speed
カメラ部
レンズ焦点距離5.8~81.2mm(35mm換算 31.4~439mm)
ズーム14倍、電動/手動 切り換え可能
絞りF1.9~F16およびC(クローズ)、自動/手動 切り換え可能
フォーカス範囲...800mm~∞(マクロOFF)
50mm~∞(マクロON、広角端)
735mm~∞(マクロON、望遠端)
自動/手動 切り換え可能
手ぶれ補正レンズシフト方式、ON/OFF可能
フィルター取り付けネジM77mm、ピッチ0.75mm
マクロON/OFF可能
カメラ
撮像素子1/2型、Exmor CMOS、有効画素数1,920(水平)×1,080(垂直)
方式RGB 3板式
分光系F1.6プリズム方式
内蔵フィルターNDフィルター(OFF:クリア 1:1/8ND 2:1/64ND)
感度F10(標準)、89.9%反射、2,000ルクス(1,920×1,080/59,94iモード時)
最低被写体照度0.14ルクス(F1.9、+18dB、スローシャッターモードを64フレーム蓄積設定にて)
映像SN比 54dB(標準)
水平解像度1,000TV本以上
ゲイン設定-3、0、3、6、9、12、18dB
シャッタースピード59.94i/59.94p/50i/50p...
1/60、1/100、1/125、1/250、1/500、1/1,000、1/2,000秒
29.97p...
1/40、1/50、1/60、1/120、1/125、1/250、1/500、1/1,000、1/2,000秒
25p...
1/33、1/50、1/60、1/100、1/125、1/250、1/500、1/1,000、1/2,000秒
23.98p...
1/32、1/48、1/50、1/60、1/96、1/125、1/250、1/500、1/1,000、1/2,000秒
スローシャッター2、3、4、5、6、7、8、16、32、64フレーム
オーディオ部
サンプリング周波数48kHz
量子化特性16ビット
ヘッドルーム20dB
周波数特性20Hz~20kHz(±3dB以内)
ダイナミックレンジ90dB(標準)
ひずみ率0.1%以下(入力レベル-40dBu時)
内蔵マイク
形式ステレオエレクトレットコンデンサーマイク
指向特性無指向性
周波数特性50Hz~15kHz
内蔵スピーカー
出力300mW、モノラル
メディアスロット部
カードスロット形状ExpressCard/34タイプ×2
表示部
液晶パネル
画面サイズ対角3.5型、カラー液晶
アスペクト比16:9
総画素数921,600ピクセル〔640(水平)×3(RGB)×480(垂直)、デルタ配列〕
透過方式ハイブリッド(半透過)型
ビューファインダー
画面サイズ対角0.54型、カラー液晶
アスペクト比16:9
総画素数252,000ピクセル〔1,120(水平)×225(垂直)〕
一般
電源電圧DC12V
消費電力12W(記録時、LCDモニターOFF時)
動作温度 0~40°C
保存温度-20~+60°C
動作湿度85%以下(結露なきこと)
保存湿度85%以下(結露なきこと)
連続動作時間約240分(BP-U60使用時)
約120分(BP-U30使用時)
外形寸法(幅×高さ×奥行約178×176×311.5mm(突起部含まず)
質量約2.4kg(本体のみ)
約2.8kg(BP-U30、SxSメモリーカード含む)

セットに含まれるもの

  1. 本体
  2. EXCAM用バッテリー
  3. 電源ケーブル
  4. 電源ユニット(チャージャー)

PMW-EX1のメーカーwebサイト

http://www.sony.jp/pro/products/PMW-EX1/

オプション商品

レンタル方法

14時までのご注文で同日に発送致します。14時以降は翌日発送になります。
(休日・祝日・当社休業日の発送は行っておりません)

※2、※4直接受取、直接返却のお客様へ
営業時間:10:00〜18:00
株式会社PANDASTUDIO.TV 駒込キャンパス 
〒114-0015 東京都北区中里2−19−8 銀座プロセスビル1F
電話:03-4405-8487 FreeCall:0800-222-5566
お引き取り、ご返却をお願い致します。 

営業時間外、及び土・日・祝祭日の返却をご希望の際は、浜町オフィスでの受け渡しとなりますのでレンタル時にご連絡下さい。

浜町オフィス
〒103-0007
東京都中央区日本橋2-62-6 品川不動産浜町ビル
電話:03-4405-8487 FreeCall:0800-222-5566 

お問い合わせフォーム

PANDASTUDIOレンタルのご利用に関してのお問い合わせは以下フォームよりお問い合わせください。

会社名
お名前*
電話番号*
メールアドレス*
お問い合わせ内容*

個人情報の取扱い規約

株式会社パンダスタジオ(以下「弊社」といいます)は、弊社が定めるプライバシーポリシーに従ってお客様の個人情報を取得及び管理いたします。 弊社のプライバシーポリシーにおいては、お客様の個人情報の取得にあたり利用目的を明示又は公表すること、並びに、利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報を取り扱うことを定めています。 弊社は、弊社のWebサイト上でのサービスお申込及び資料送付のお申込みの受付、各種イベントにおけるアンケートの実施、弊社のネットワーク関連製品またはサービスのご購入、並びに、お客様からの弊社へのお問い合わせ等を通してお客様の氏名、住所、メールアドレス、勤務先、役職等の個人情報を取得する場合があります。この場合に弊社は、お客様から取得した個人情報を以下の目的のために利用します。

  1. 弊社のレンタル関連及びサービスをより向上させ、かつ、お客様のご要望により応えられるものとするため
  2. 弊社のレンタル関連及びサービスに関する最新の情報をお客様にお伝えするため
  3. 弊社のレンタル関連またはサービスをご購入いただいたお客様に対するサービスを実施するため
  4. キャンペーンなど弊社及び弊社のビジネス・パートナーからのお客様にとって有益と弊社が考える情報を提供するため
  5. その他必要に応じてお客様にコンタクトするため
  6. 弊社のWebサイトをお客様のご利用に合わせてカスタマイズするため
  7. 弊社のレンタル関連製品及びサービスの利用状況及び利用環境を含む市場調査のため
  8. 上記に付随する業務

<お問い合わせ先>

会社名 : 株式会社PANDASTUDIO>TV

住所 : 〒103-0007 東京都中央区日本橋2-62-6 品川不動産浜町ビル1F〜5F

レンタル受渡場所 : 〒114-0015 東京都北区中里2-19-8 銀座プロセスビル1F

レンタル担当者 : 勝見誠、秋葉隆男

電話番号 : 03-4405-8487

電話番号 : 0800-222-5566(フリーコール)

FAX番号 : 03-6684-4610

Eメールアドレス :rental@pandastudio.tv

個人情報の規約に同意される方は確認画面へをクリックした後に、送信ボタンをしてください。



freecall-600x150

Copyright (C) 映像機器レンタル:パンダスタジオレンタル公式サイト All Rights Reserved.